2007年11月22日

羽子板市


ペット保険への加入をどうしようかと、ペットを飼っている方なら一度は考えるのではないでしょうか。ペットはかけがえのない家族の一員です。人間が高齢化しているように、ペットも今は長生きするようになってきました。犬も13歳から14歳頃まで寿命が延びているそうです。しかし、ペットもいつ病気になるかわかりません。いざ病気になると医療費が必要となります。


ペットの医療費は結構かかるものです。ペット保険は、医療費負担を軽減してくれる頼もしい味方。特に長い闘病生活になった場合には、「加入しておいて助かった」ということもあるでしょう。


ペット保険に加入する場合、申込時のペットの年齢制限が設定されているところもあります。掛け金も各ペット保険によって異なります。また病気や処置などの内容によっては、保障対象外となることもあります。ペット保険に加入前に、こうしたことをじっくりと検討しましょう。


ペット保険に加入した場合、治療費の保障は最大で50から70%ぐらいが目安です。詳細は各ペット保険の運営会社にお問い合わせください。資料請求して比較検討をするのも良いですね。


実際に使える羽子板
実際に使える羽子板大人も子供も楽しめる実用的な羽子板は、もう売られていないのでしょうか?毎年、正月が来ると「一度、羽根突きをやってみたい」って気持ちに駆られます。それで年明けからデパートや玩具店を回ってみたのですが、売られているのは床の間などに置く飾りだけの高価な羽子板か、子供向けのキャラクターの入ったおもちゃの羽子板だけです。無地か模様入り程度ならいいのですが、さすがにアンパンマンやキティーちゃんの図柄が入った羽子板を買う気にはなれません。大人でも使える実用的で手軽な価格の羽子板って、ないのでしょうか?今年はもう間に合わないと思うので、もしどこか入手できるところがあったら来年の正月用にと考えています。(続きを読む)




羽子板市
納め観音・羽子板市主催:東京歳の市羽子板商組合協賛:浅草観光連盟 ◇ チャリティー羽子板オークション漫画家・芸能人による手書き羽子板雷門の特設コーナーで展示し、入札による販売を行う予定。売上金は、「こころ義援金」として新潟中越地震被災者へ ...(続きを読む)



タグ:羽子板市

posted by ペットとドッグランとは at 08:01 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。