2007年11月17日

聖地巡礼


ペット保険という言葉を耳にするようになってきました。ペットは今では多くの家で家族同然の存在となりつつありますし、実際、ペットに長く健康で生きてほしいと願う飼い主も少なくありません。ですから、「ペットの医療費は保険が利かないため高額である」という不満ならびにペットへの保険の適用を望む声が出るのも無理のない話です。


ペット保険が誕生した背景には、医療技術の進歩によってペットの高齢化が進む中、人間と同じようにガンや白内障、痴呆といった病気に罹るペットが増えてきたことがあげられます。ペットの中には病気治療が長引くケースも増えていますので、そうなるとどうしても医療費がかさみます。


ペットにも保険があったら――ペット保険は、こうしたリスクを改善するために誕生したのです。


ペット保険は、通院や入院、手術といったときの保障をしてくれます。ペット保険の種類によって、対象となる年齢、掛け金、保障内容等は異なります。各社を比較検討して、飼っているペットに最適なペット保険をぜひ見つけてください。


関東最古の神社に「らき☆すた」ヲタク殺到 地元「治安の問題が…」
関東最古の神社に「らき☆すた」ヲタク殺到 地元「治安の問題が…」Yahoo!ニュースに載ってるこの記事(関東最古の神社に「らき☆すた」ヲタク殺到 地元「治安の問題が…」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000925-san-soci)だけど、>コスプレ姿やカメラを手にTシャツ、リュック姿という「アニメオタク」(略称「アニヲタ」)が集まる町に一転。>異色のアニヲタ絵馬も登場するなど、地元住民が気味悪がる事態となっている。>美少女のイラスト入りで「こなた大好き」「かがみのお見舞いに行ってきます」「こなたはオレの嫁。アハッ、アハッ、アハッ…」など、場違いな願い事の書かれた絵馬まで掲げられるようになった。また、アニメに登場する鳥居の前でキャラクターになりきり、同じポーズで記念撮影を行うのが“聖地巡礼”の作法になっている。>神社を訪れていた立正大学4年生の杉本一樹さん(22)は「こなたと同じ場所で踊ってみようかなと思ってやってきました。本当にアニメと同じなんですね」と、同じ空気を吸って感無量のようす。また千葉県から来たという10代の男性は「ここに柊姉妹が住んでいるんですね。巫女姿の女の子に逢いたいな」と話す。>「近所の学校では不審な方が最近多くなっているから気を付けようという話がでている」「オタクは気持ち悪くない」「アニメや漫画の文化は素晴らしい」「世間は周囲と違う人をことをする人を『おかしい』とすぐ非難する」「アニメや漫画に熱中出来ることは素晴らしい」とかオタクは言ってるけど、どう見たってオタクは気持ち悪い変態そのものじゃない?ちゃんとした神社にコスプレして行って、絵馬に「こなたはオレの嫁。アハッ、アハッ、アハッ…」って書いたり、「こなたと同じ場所で踊ってみようかなと思ってやってきました。本当にアニメと同じなんですね」だの「ここに柊姉妹が住んでいるんですね。巫女姿の女の子に逢いたいな」とか言ってる人間のどこが気持ち悪くないって言うの?(続きを読む)




ヒカルの碁オタは市ヶ谷の日本棋院とか
聖地巡礼してんのかね? つーか、囲碁を打つ事がある意味聖地巡礼?(続きを読む)



タグ:聖地巡礼

posted by ペットとドッグランとは at 10:38 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。